« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018年6月 1日 (金)

JR九州885系ソニック(1/80、16.5mm、カツミ社真鍮製完成品加工)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

JR九州885系ソニック(1/80、16.5mm、カツミ社真鍮製完成品加工)


2018年の8月末に日豊線沿いのある市の図書館にて大之島鉄道の自作模型の展示会・模型走行・模型工作教室が開催されます。
ところが、日豊線を走る肝心の特急「ソニック」の模型が無く、このままでは寂しく感じます。
そこで、カツミ社の完成品の885系「かもめ」を入手して、ソニックへと改造しようと企てました。
完成品はIMON社に在庫が1編成あり、早速ゲット。
そこから改造が始まります。
改造点は、(1)振り子機構の追加
(2)かもめ→ソニックへ行き先表示変更
(3)アラウンド九州へ変更、丸いロゴを貼付、黄色の部分を青色へ変更
かくして、改造プロジェクトが発進しました。

なお、塗装ははがさずに、またメーカーにて施されたレタリングもそのままにしていますので、アラウンド九州のものと一部異なります。それらしく改造したものとご承知置き願います。


左改造した885系、右は真鍮から自作した813系1100番台

885_51

6両編成885_54

カントより傾いています885_50

改造のポイント(先頭車)885_35c

改造のポイント(屋上)885_40b

先頭車885_34

1号車885_36

885_37

2号車885_38

885_39

3号車885_42

885_43

4号車885_44

885_45

5号車885_47

885_46

6号車885_48

885_49

パンタ回り885_40

885_41

ここから加工工程の説明です。885_01

台車の枕梁の突起が床板の斜めの部分を押し上げ傾けます。885_02

枕梁の突起はM1.4mmビスの先を丸めたもの885_03

傾きしやすくするため、ボルスターの直径を8mm→4mmへ変更。

(Φ4mmのアクリル丸棒から切りだし、Φ2mmの穴を開けます。)885_04

アクリル棒の真ん中へ穴を開けるため、パイプを組み合わせた治具を使用885_05

穴が開きました。885_06

編成分を作成中885_07

MPギヤ付の動力台車には集電ブラシも装着885_10

車輪はダークグレイに塗装。それと台車と床下器具にはレッドブラウンにてウエザリング。

885_09

コンプレッサーには銀色を筆塗り。885_08

パンタ回り加工前。885_11

パンタ回り、配管追加後(赤矢印が追加)885_23

Φ0.6mmの真鍮線を加工中885_18

1×1.2mmの真鍮角棒にΦ0.7mmの穴885_16

それの反対側にはΦ0.4mmの穴885_17

検討中885_19

角棒と真鍮線を組み合わせ中885_20

仮取付885_21


黒に塗装後、取付885_22

屋上のエアコンのメッシュやスリットには、薄めたジャーマングレイを墨入れ885_15_2

先頭の黄色の部分を残してマスキング885_24

MAXモデルの戦前二等車帯色を吹き付け(下地に白、紫を塗ってます。)885_25

できました885_26

変更前の「かもめ」長崎行き885_28

変更後、「ソニック」博多行き885_29

車体裾のラインは製品は、黄色885_12

そこで準備したのは青のカッティングシート885_13


青のシートを幅0.6mm程度にカットして、まっすぐになるよう黄色の帯の上に貼ります。885_14

アラウンド九州のロゴ(クリアデカールに印刷)885_30

車体裾の番号は、白→シアン→シアンの順に印刷(アルプスMD5500にて)885_31

側面のロゴ885_32

先頭部分885_33

KATO社の乗務員、木の棒の椅子に座ってます。885_27

手歯止め(ハンドスコッチ)を作ります。

厚さ2mmのアクリル棒と幅2.4mm厚さ0.5mmのプラ板、幅0.6mm厚さ0.2mmの真鍮帯板885_61

黄色と黒を筆塗り885_62

組立接着885_63

床下器具に接着して、レッドブラウンでウエザリング

(黄色の手歯止めが目立ちます。)885_64

かっこいい

885_813j

885_813k


885_52



開けないときはここをクリック



トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク