« 2018年6月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月22日 (水)

日豊本線、宇島(うのしま)駅(1/80ジオラマ)、その3、完成

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

その1(本体からフェンスまで)その2(小物・ホーム・タクシー・人形)/その3(完成)

日豊本線、宇島(うのしま)駅(1/80ジオラマ)


2018年の8月末に日豊線沿いのある市の図書館にて大之島鉄道の自作模型の展示会・模型走行・模型工作教室が開催されます。
展示会に備えて、その地元の駅である宇島駅を1/80サイズで作成しました。
ペーパークラフトの要領で、作成したので、窓は抜いて無いのですが、雰囲気は感じてもらえるかと思います。
今回はその完成状態
2018年8月22日UP


旧10号線から宇島駅に来ると最初に見るのがこの風景。

Unoshima82

この角度は実物では見えないです。(高い建物がないので、あっ、ドローンなら可能か)

Unoshima96

キャリーバッグを牽いたお姉さん。フェンスの向こうにはエアコンの室外機

Unoshima83

タクシー待ち

Unoshima79

中央付近では路線図を見て、料金を確認中?ホームには白いソニックが停車中

Unoshima88

Unoshima87

あっ、女子高生だ

Unoshima89

左の自販機の前ではどれを買おうか思案中

Unoshima85

ここのフェンスの向こうにもエアコンの室外機

Unoshima84

列車待ち、向こうには自動改札機と乗り越し精算機があります。

Unoshima60

ようやくソニックが到着

Unoshima80

連絡通路から俯瞰

Unoshima81

左、813系1100番台。右、885系白いソニック

Unoshima86

Unoshima98

その1(本体からフェンスまで)その2(小物・ホーム・タクシー・人形)/その3(完成)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

日豊本線、宇島(うのしま)駅(1/80ジオラマ)、その2

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

その1(本体からフェンスまで)/その2(小物・ホーム・タクシー・人形)/その3(完成)>

日豊本線、宇島(うのしま)駅(1/80ジオラマ)


2018年の8月末に日豊線沿いのある市の図書館にて大之島鉄道の自作模型の展示会・模型走行・模型工作教室が開催されます。
展示会に備えて、その地元の駅である宇島駅を1/80サイズで作成しました。
ペーパークラフトの要領で、作成したので、窓は抜いて無いのですが、雰囲気は感じてもらえるかと思います。
今回は、小物類やホームおよびタクシー。人形などを作成。
2018年8月22日UP


エアコンの室外機をまとめて印刷

Uno_aircon03

作り方は、ヒノキの棒(3×8mm)に印刷した室外機を貼り付けてます。接着後ヒノキ棒をカットして完成。

Uno_aircon02

完成したエアコンの室外機。縦に長い6kWタイプもあります。

Uno_aircon01

自動販売機はイラストレーターで実物を参考に描画、フォトペーパーに印刷後、つや消しクリアを吹き付け印刷面を保護

Vending01

カット

Vending02

折り曲げ(平面が維持できるように折り方を考えています。)

Vending03

のりしろを接着して完成

Vending04

2連タイプも作成しました。ゴミ箱も作成。

Vending07

郵便ポストも自販機と同様印刷して、折り目を付け、左の芯に巻き付けます。

Post01

芯に接着。紙の断面の白いところには赤を塗ってます。
Φ3mmのプラパイプを支柱に設置

Post03

改札から跨線橋方面には車いす用のスロープがあり、その手すりはΦ0.8mmの真鍮線で製作。

方眼紙の上で、手すりを半田付け

Unoshima37

手すりを塗装

Unoshima39

Unoshima40

ホームのスロープ部に設置

スロープ部はオレンジ色の紙を貼ります。乗車位置表示も見えます。

Unoshima41

Unoshima42

ホーム屋根の柱は、タミヤのH構をY字に加工。治具を活用して斜めに切断。

Unoshima43

Y字に加工接着

Unoshima44

屋根は透明プラ板(0.4mm)

Unoshima48

車両がよく見えるように所々透明のままとしています。
(実物も明かり取りの半透明な部分があります。)

Unoshima50

自動改札機は0.5mmの上面の赤を塗装中

Unoshima31

0.5mmと2mmのアルミ板を2枚あわせ、回りに改札の表面を描いたものを貼付。

Unoshima32

銀色はアルミの地肌を生かしています。

Unoshima33

Unoshima34

精算機の作成

左から、3mm厚さのアルミの板から切りだした5.6×17mmのアルミ
一部を斜めにヤスリがけ(削りすぎて穴が出て失敗)
斜めの部分にイラストレーターで描いた精算機の表面を貼って完成

Unoshima58

改札口近傍に設置
ホームの乗車位置表示もよく見えます

Unoshima59

駅前タクシーを製作。
素材はドイツ、ヘルパのミニカー、OPEL REKORDとFORD GRANADA。(なんとW.GERMANYの刻印あり)

マスキング中

Taxi01

アイボリーを吹き付け

Taxi04

太陽交通の赤ラインはマスキングして吹き付け

Taxi05

吹き付け塗装完了。何故か左ハンドル。
この後、ライト類やバンパーに色入れ。

Taxi05b

左、太陽交通
右、豊前タクシー(ホントご当地タクシー)

Taxi11

左の太陽交通は屋根のマークと赤ラインがポイント
右の豊前タクシーは、波模様が素敵

Taxi12

人形作成。
あっさりプライザーの未塗装の人形セットからチョイス。

Unoshima57

ここはプライザーから。一部は手足を曲げ、バッグなどを持たせました。

Unoshima56

こちらもプライザー主体ですが、わき役黒ちゃんもいます。ただ、こちらの顔はややのっぺらぼう。叉、やや太いので、手足を細くして、塗り直ししました。

Unoshima55




その1(本体からフェンスまで)
/その2(小物・ホーム・タクシー・人形)/その3(完成)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

日豊本線、宇島(うのしま)駅(1/80ジオラマ)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

その1(本体からフェンスまで)/その2(小物・ホーム・タクシー・人形)その3(完成)

日豊本線、宇島(うのしま)駅(1/80ジオラマ)


2018年の8月末に日豊線沿いのある市の図書館にて大之島鉄道の自作模型の展示会・模型走行・模型工作教室が開催されます。
展示会に備えて、その地元の駅である宇島駅を1/80サイズで作成しました。
ペーパークラフトの要領で、作成したので、窓は抜いて無いのですが、雰囲気は感じてもらえるかと思います。
2018年8月22日UP


駅の本屋と待合室およびトイレをペーパークラフトの要領で作成し、フォトペーパーに印刷
自販機や郵便ポストも一緒に印刷
手抜きして、窓抜きは無しですすめます。

Unoshima01

0.7mm厚のボール紙で裏打ち、5mm角のヒノキ棒で補強。

Unoshima02

折り曲げて形にします。突き合わせ面は紙の白い断面が見えるので、目立たないところに設定しています。
左から、トイレ、車いす対応トイレ、待合室

Unoshima03

本屋を組立。変形しているので、各所に補強をしてます。

Unoshima04

厚さ7mmのスチレンボードにレンガやタイルを印刷した紙を木工ボンドで接着
建物のないところは省略、建物を固定する4mm角棒を接着

Unoshima06

屋根板は、2.5mmのベニヤ板、一部は2枚重ね。
正面の中央寄りにある、三角形のとんがりが特徴です。

Unoshima07

破風板となるt1.2のプラ板を3枚重ねて接着。
端面をそろえるためアルミの直角治具に押しつけてます。

Unoshima09

辺にはCカットがあるので、45°に面取り。掃除機をそばに置いて削りかすを吸い取らせています。

Unoshima11

プラ板製の破風板を接着中。屋根の上面はグレーに塗装済み。

Unoshima12

天井に相当するところをクリーム色に塗装後、そこをマスキングして、破風板の塗装に備えています。塗料はマホガニーをベースに茶色を少し混合しました。

Unoshima13

破風板をこげ茶色に塗装、さらに屋根も塗装しています。

Unoshima15

柱や雨よけ壁なども製作

Unoshima16

だいぶ形が見えてきました。

Unoshima18

建物や屋根はジャーマングレーやバフでウエザリングしています。

Unoshima19

三角屋根のステンドグラスの作成
(MDプリンターで0.2mmの透明プラ板に作成)
データはイラストレーターで写真を参考に描きおこしました。
上の分を採用、下のは、かすれて失敗

Unoshima20

三角屋根に接着。おー、実感的

Unoshima21

アルミの板にすじ彫りしてトイレの目隠し(ガラリ)も作成

Unoshima22

Unoshima23

道路に面した駅名標も作成
(これもMDプリンターで0.2mmの透明プラ板に鏡像印刷)

Unoshima24

Unoshima25

雨よけルーフはハセガワのモデリングメッシュ正方形が材料、他に茶色の塩ビ板とΦ0.7mmの真鍮線。

Roof01_2

メッシュに真鍮線を半田付け後、木の治具に沿わせてまとめて曲げています。

Roof02

塩ビ板もお湯につけて曲げています。メッシュは茶色に塗装

Roof04

塩ビ板とメッシュをゴム系ボンドで接着して、設置完了

Roof06

建物の脇の空き地?はエナメルのフラットアースとバフで塗装後砂を撒いてボンドで固着。その後フォーリッジ(細かいスポンジ粒)やフィールドグラスを接着

Unoshima27

Unoshima28

Unoshima29

フェンスを作成、Φ0.7mmの真鍮線をミニサーキュラソーにて半丸(甲丸)に加工。
はねないようにペンチで抑えています。線はL字に曲げて傾きを防止

Fence01

ハセガワのモデリングメッシュ41菱形をフェンスの大きさに切断機でカット(高さを15mmとしてます)、半丸線の平らな面を上にして、その上にメッシュを置き、メッシュの上から半田付け。(半田付け面が裏手になります。)

Fence03

グレーに塗装

Fence05

地面に設置

Fence06

Fence07



その1(本体からフェンスまで)/その2(小物・ホーム・タクシー・人形)その3(完成)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク