« 鉄道模型スハ43形客車のペーパークラフト(1/80) | メイン

2018年9月 7日 (金)

豊前市図書館にて鉄道模型の展示

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

福岡県豊前市図書館にて模型の展示・走行会・工作教室(1/80鉄道模型)


去る2018年8月24日~26日、福岡県豊前市図書館にて模型の展示・走行会・工作教室を開催しました。
この展示会は、図書館のイベントの一環としてのものです。
内容は
1)菊地の模型作品の展示
2)作品を含めた模型の走行
3)小学生を対象にした模型工作教室
の3点。
主催は、豊前市図書館、協賛は宇島鉄道研究会です。
2018年9月7日UP


入り口の案内。映画「僕たち急行A列車で行こう」に私の模型が登場したことも記されています。

P1000693b

展示した作品は、西鉄の車両(700形、1000形、2000形、3000形、5000形、6000形、9000形)、951系新幹線試験電車、JR787系有明、JR813系1100番台、キハ40、ED46、宇島鐵道のコッペルと客車など。

P1000679b

P1000682b

他に日豊線ゆかりの、ED76、DF50、D51、C61、C57、ナハ10系、オハ50系、415系、485系、キハ58、JR885系ソニックも含めると70両以上です。

P1000698b

P1000702b

運転状況

P1000683b

P1000688b

この展示会用に作成した、ご当地の宇島駅の模型も展示しました。

P1000681b

宇島駅には、三角形のステンドグラス、自動改札機も設置

P1000696b

駅前には、豊前タクシーや太陽タクシーもあり、細かい様子を見入ってました。

P1000701b

鉄道模型の基礎についても簡略に掲示

P1000690b

模型工作教室は、対象を小学生として開催。募集は20名で満員御礼です。
3時間で完成させて、16.5mmの線路の上を連結して走らせることが目標です。
車体は切妻のスハ43をイラストレーターで作成して印刷、塗装レス、窓は抜かずにシルヘッダーも印刷で表現。
車体は白ボール紙と4mm檜の角棒で補強、床板はアガチス材で台車は日光製TR-47、連結器はKATOカプラー、床下器具は印刷で表現。
車体を箱にする工程は妻板を両側から折り曲げて接着するため、ここが最大の難関でした。
当日は、私の所属する筑紫トレインモデルクラブ(CTC)などから6名の方が福岡市や北九州市、直方市、行橋市から応援に駆けつけてくれて、工作の指導に携わってくれました。
誠に感謝です。

P1000704b

そのおかげもあって、13時から開始して、16時頃には線路を走り始めました。
複線の線路の内回りにED76、外回りはC61が、皆の作った車両を牽引・連結して走らせると、自分の車両を食い入るように見ていました。

P1000707b

幸い脱線もせず無事走行しました。

P1000706b

スマホなどで撮影している子もいました。

P1000705b

P1000708b

補強角材のカットや材料の準備に手間がかかったのですが、子供たちの笑顔を見ているとその苦労も吹っ飛びました。

この京築地方での鉄道模型の展示走行は珍しく、西日本新聞や朝日新聞にも展示会の記事が掲載され、親子連れやご年配の方など3日間で、延べ350名の来場をいただきました。

Nishinihon

朝日新聞(2018年8月25日)

P1000713b

3日間、運営を担っていただいた図書館、宇島鉄道研究会の方、CTCの方には感謝申し上げます。

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

コメント

コメントを投稿