鉄道 Feed

2018年6月 1日 (金)

JR九州885系ソニック(1/80、16.5mm、カツミ社真鍮製完成品加工)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

JR九州885系ソニック(1/80、16.5mm、カツミ社真鍮製完成品加工)


2018年の8月末に日豊線沿いのある市の図書館にて大之島鉄道の自作模型の展示会・模型走行・模型工作教室が開催されます。
ところが、日豊線を走る肝心の特急「ソニック」の模型が無く、このままでは寂しく感じます。
そこで、カツミ社の完成品の885系「かもめ」を入手して、ソニックへと改造しようと企てました。
完成品はIMON社に在庫が1編成あり、早速ゲット。
そこから改造が始まります。
改造点は、(1)振り子機構の追加
(2)かもめ→ソニックへ行き先表示変更
(3)アラウンド九州へ変更、丸いロゴを貼付、黄色の部分を青色へ変更
かくして、改造プロジェクトが発進しました。

なお、塗装ははがさずに、またメーカーにて施されたレタリングもそのままにしていますので、アラウンド九州のものと一部異なります。それらしく改造したものとご承知置き願います。


左改造した885系、右は真鍮から自作した813系1100番台

885_51

6両編成885_54

カントより傾いています885_50

改造のポイント(先頭車)885_35c

改造のポイント(屋上)885_40b

先頭車885_34

1号車885_36

885_37

2号車885_38

885_39

3号車885_42

885_43

4号車885_44

885_45

5号車885_47

885_46

6号車885_48

885_49

パンタ回り885_40

885_41

ここから加工工程の説明です。885_01

台車の枕梁の突起が床板の斜めの部分を押し上げ傾けます。885_02

枕梁の突起はM1.4mmビスの先を丸めたもの885_03

傾きしやすくするため、ボルスターの直径を8mm→4mmへ変更。

(Φ4mmのアクリル丸棒から切りだし、Φ2mmの穴を開けます。)885_04

アクリル棒の真ん中へ穴を開けるため、パイプを組み合わせた治具を使用885_05

穴が開きました。885_06

編成分を作成中885_07

MPギヤ付の動力台車には集電ブラシも装着885_10

車輪はダークグレイに塗装。それと台車と床下器具にはレッドブラウンにてウエザリング。

885_09

コンプレッサーには銀色を筆塗り。885_08

パンタ回り加工前。885_11

パンタ回り、配管追加後(赤矢印が追加)885_23

Φ0.6mmの真鍮線を加工中885_18

1×1.2mmの真鍮角棒にΦ0.7mmの穴885_16

それの反対側にはΦ0.4mmの穴885_17

検討中885_19

角棒と真鍮線を組み合わせ中885_20

仮取付885_21


黒に塗装後、取付885_22

屋上のエアコンのメッシュやスリットには、薄めたジャーマングレイを墨入れ885_15_2

先頭の黄色の部分を残してマスキング885_24

MAXモデルの戦前二等車帯色を吹き付け(下地に白、紫を塗ってます。)885_25

できました885_26

変更前の「かもめ」長崎行き885_28

変更後、「ソニック」博多行き885_29

車体裾のラインは製品は、黄色885_12

そこで準備したのは青のカッティングシート885_13


青のシートを幅0.6mm程度にカットして、まっすぐになるよう黄色の帯の上に貼ります。885_14

アラウンド九州のロゴ(クリアデカールに印刷)885_30

車体裾の番号は、白→シアン→シアンの順に印刷(アルプスMD5500にて)885_31

側面のロゴ885_32

先頭部分885_33

KATO社の乗務員、木の棒の椅子に座ってます。885_27

手歯止め(ハンドスコッチ)を作ります。

厚さ2mmのアクリル棒と幅2.4mm厚さ0.5mmのプラ板、幅0.6mm厚さ0.2mmの真鍮帯板885_61

黄色と黒を筆塗り885_62

組立接着885_63

床下器具に接着して、レッドブラウンでウエザリング

(黄色の手歯止めが目立ちます。)885_64

かっこいい

885_813j

885_813k


885_52



開けないときはここをクリック



トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

2018年5月22日 (火)

トレインフェスタ2018_グランシップ

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

トレインフェスタ2018_グランシップ


2018年5月19~20日に静岡市のグランシップで開催された、トレインフェスタ2018に行ってきました。(訪問したのは19日)

地元の静岡県を初め、名古屋・岐阜・横浜などから鉄道模型クラブが参集していました。

私は、とな会様とGTC様におじゃまして、自作のJR九州の813系1100番台を走行させいただき、ありがとうございました。

また、813系のショーティーも参加し、走行しました。

雑誌社の撮影もしていただきました。(雑誌に掲載されるかどうかは??)

以下は、全部のクラブを網羅したわけではなく、一部クラブのみの紹介となっていることをご了承願います。

特に、牽引力コンテストが催され、小粒のEB58ががんばっているのが良かったです。

他にも木工汽車の組立教室などもありました。

グランシップの建物、大きいです。00

外ではライブの運転、蒸機と新幹線08

入ったところ07

鉄道模型同好会、とな会様03

ジオラマ03c

GTC様10

阪神のジェットカーと並んだJR九州813系1100番台のショーティ06

共催の静岡HOクラブ様02

外側から、新幹線、ローカル線、在来線とエンドレスがいくつも並んでいます。02b

隅の方では機関車トーマスも走っています。

これは自分でスイッチを押して動かしています。04

名古屋模型鉄道クラブ様
11

12

Oスケール(1/45)16_3

ナローもあります13

こちらは牽引力コンテストの会場。05b_2

EB58の牽引力を測定中。

計測器は、台所用のキッチンスケールを改造したもの。

線路は、4角形の棒状の各辺に様々なゲージ(16.5、32、24、9、12,13mm)を設置。

EB58 61が小粒ながら、重量当たり牽引力でトップ。05

サークル165様14

駿河鉄道模型クラブ様15

桜門鉄遊会様17

18

鉄道友の会、静岡支部様20

21

長泉鉄道模型クラブ様22


23

ここは、様々なスケール・ゲージがあります。19_2

日本0番鉄道クラブ様(1/45と大きいです)24

スワローエンゼル倶楽部様25

スハの会様26

一部にはシーナリーを施していて、「ここが見所」と案内しています。27

クラブライナー様 Nゲージ、1/15028

鉄道模型工作コーナーでは、木製電車・汽車作りが開催中。09

静岡鉄道長沼車庫も開放されて、デワ1(木造車)も見学できました。(5月20日)Dewa1

Dewa2

Dewa3

パンフレットです。Panfs

Panf2s


トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

2018年5月15日 (火)

模型用車両運搬箱の作成(JR九州813系用)

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

模型用車両運搬箱の作成(JR九州813系用)(1/80、1/87)


皆さん、自作車両の収納・運搬するときの箱はどのようにしてますか?
自作車両は完成品のように梱包箱がありません(当たり前ですが)ので、私は、お中元やお歳暮などのコーヒーやサラダ油、海苔の商品セットの箱を活用してきました。これらは、4~7両編成用にできました。
2017年に813系の3両編成を作ったので、これ用の収納・運搬箱が必要になり、今回は自分で専用の車輛箱を作りました。
メーカー品の箱(いこま社、IMON社、イチフジ社、エコー社など)もありますが、手持ちのボール紙を活用するため自作です。
寸法は、下図のようにして、3両が収まるようにしています。
長い車両や新幹線は無理ですが、通常の国鉄・JR・私鉄系の車輛は使えると思います。
なお、これは3両用ですが、40mmずつ加算すると両数を増やせます。

従来の箱、海苔とコーヒーセット
Coffee_box

中にはボール紙で仕切をしてます。Coffe_box_in

メーカー品、イチフジ社(左)と、いこま社Imon_ikoma_box

作った箱Box4

寸法図、これは内箱Box_train813bottom

こちらはフタBox_train813top

展開図をカットして折り目を付けています。Box0

一部を折り曲げて木工ボンドで接着中。両面テープも活用して圧着すればくっつくようにしてます。Box2_2

さらに接着中Box1_2

内箱・フタ共にできました。Box3

車両を入れた状態。妻面にはスポンジ、側面は薄いマットBox5

ラベルも作成Box_label


トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

2018年1月11日 (木)

鉄道模型、荷物車マニ36にSLサウンドを組み込み

トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク

マニ36にバンブー商会のSLドラフトサウンドを組み込み(1/80、16.5mmゲージ)


宇島鉄道展示会にて、Oナローのコッペルを走らせるとき、SLのドラフト音を次位に連結した有蓋貨車から発生させて、音をたてて走ると臨場感が一気に増して来場者からも好評をいただきました。
そうすると家の運転盤でもSLの音を発生させたくなります。
バンブー商会のSLサウンド装置は、ワム90000に組み込まれていて、貨物列車と混合列車はこれでOK。
一方、客車列車へのSLサウンドはどうするか?
(1)天賞堂社のSL-1があれば一番いいのですが、持ってないのでボツ。
(2)カンタムサウンドのSLは持っていて、好ましいのですが、完成品だけで、既存の車輛への組み込みはほぼ無理なので、これもボツ。
(3)バンブー商会のサウンド付ワム90000をもう一両持っているので、これを客車列車用の荷物車に組み込む。これを採用。(かなり昔のものです。)

斯くしてバンブー商会のワム90000をバラして、荷物車への移植作業開始。
肝心の荷物車は、2016年2月に京都の模型ショーで購入したマニ36(トラムウエイの車体のみ1,400円)に白羽の矢を立てて改造することにしました。
金属製の車体ではなく、プラ車体を採用したのは、少しでも軽くするためです。
床板床下器具で20g、台車で30g、プラ車体が80g、バンブーのユニットが電池込みで80g、以上合計で210gです。金属車体と金属床下器具では、350g程度となるためNGです。

移植前のバンブー商会のワム90000(車体のプラは黒く塗って、標記類を貼り付けています。

Wamu90000_1

床には穴が開いて、スピーカーが見えます。

Wamu90000_2

車内は006Pの9V乾電池、基盤、スピーカー、電源スイッチ、という構成。
基盤のICは表面が削られていて品番は不明です。

Wamu90000_3

マニ36も含めて、サウンド装置、床板、床下器具類などのパーツ一式

Mani36_01

電池や基盤、スピーカーを配置して確認中

Mani36_02

プラの車体に、アルミ板の床板をネジ止めするためコの字形状の部品を厚さ0.5mm、幅5mmの真鍮板から作っています。

Mani36_03

件の取付部材を車体の屋根にネジ止めしたところ。なお、プラの勘合を利用しないのは、電池交換などで頻繁に床板をはずすことになり、勘合が甘くなって床がはずれやすくなるのをおそれたためです。

Mani36_04

床下器具は、エンドウ社のプラ製器具を採用。軽くブレーキ配管やブレーキてこ・ロッド類を真鍮線や真鍮板で表現。

Mani36_05

Mani36_06

台車は当初日光製のTR-23を使う予定でしたが、台車の幅が広くて、台車が車掌の手ブレーキロッドにカーブで当たりそうなので、手持ちで幅が狭い小高のDT-12へ変更。(これも古いものです。)
DT-12はプレーン軸なので、カツミのピボットメタルを埋め込み。
左は加工前。右はピボットメタルを埋め込み済み。

Mani36_07

ピボットメタルは、ヤンキーバイスを利用して圧入しました。穴径は、Φ2.2です。

Mani36_08

塗装前

Mani36_09

マッハのつや消し黒を塗装後。

Mani36_10

車体の中の電池や基盤が丸見えなので、ダンボールの荷物を印刷した紙で窓を塞いで電池などが見えないようにします。

Mani36_11

左車掌室

Mani36_12

右車掌室

Mani36_14

床下の状況。

Mani36_13

接点部分(バンブーの接点をそのまま利用し台車内へ組み込み)

Mani36_15

スピーカー部分

Mani36_16

C61に牽かれたマニ36、発車の動画

C61はアダチ社真鍮・プラ・ダイキャスト混成の廉価版完成品。

開けないときはここをクリック、マニ36動画

通過動画


開けないときはここをクリック、マニ36動画




トップ会社沿革自己紹介掲示板リンク